会計大好き、公認会計士のブログ

世の中に会計好きを増やしたい一心です。

【ターゲットを絞る重要性】最初の100人を熱狂させるプロダクトを作る

f:id:fishman0306:20200708232223j:plain

こんにちは!fishmanです!!

 

本日は、この間テレビを見ていて、SHOWROOMの前田社長が語っていた言葉が印象に残ったんで、そのことを書いていこうと思います。

 

よかったら、最後まで見てくださいね(๑´•.̫ • `๑)

 

 

 

 

ブログの書き方にも通じると思う考え方

私もブログを初めてから、はや4ヶ月が立ちそうですね。

fishman0306.hatenablog.com

 

ブログをどのように書くかというよりも、大切なことは、誰に向けて書くか大事なんじゃないか?

そんなことを漠然と考えていたときに、前田社長が出ているテレビを見ていて、タイトルの言葉を言っていました。

 

これって、ブログも同じ気がします。

 

僕のこのブログを1万人の人に読んでもらいたい内容を書こう!と思っても、無理ですよね。

 

僕のブログの登録者は、430人(2020年7月8日現在)いますが、

いつも見に来てくださる方は、30人から40人なんですよね。

でも、裏を返せば、30人から40人くらいの人は、よく読んでくれてるということです。

 

この30人から40人の人に毎日読んでもらえるような記事を書くことが必要なんです。

 

ターゲットを狭めることによって、逆に多くの人に読んでもらえることになるということです。

 

 

 

ペルソナ分析を行う

元々は「仮面」という意味です。マーケティングにおいての意味でいうと、「象徴的なユーザー像」、[架空顧客」となります。その架空顧客に満足してもらうためのユーザー視点、会社視点の商品設計やサイトの改善、設計を含めたマーケティング方法を「ペルソナーマーケティング」と呼びます

 ペルソナ分析とは、架空の人物を作り上げてその人に向けてサービスを提供することを仮定しようというものです。

 

架空の人物ですが、氏名や年齢、生まれた場所、誕生日、好きな漫画、趣味、などなど個人情報を足して、その人に対してあうようなプロダクトは何か?を考えるマーケティング手法です。

 

ただし、ペルソナを作り上げるためには、高度なリサーチが必要となるので、リサーチ不足だと企業にとって都合の良いペルソナを作りかねないです。

 

これが正しい例かわからないですが、ペルソナに近しいものとして、家具屋さんのイケヤの売場に設置されている家族例に沿ったモデル部屋が設置されていると思います。

 

どこに住んでいて、部屋の想定間取り、何人家族で、趣味はこんなものを持っている家族の家です!ってな感じで展示されています。

 

したがって、イケヤ側も明確な家族、あるいは一人暮らしの人を想定していることから部屋のイメージがすーっと入ってくることから家具が欲しくなります。

 

範囲の狭いターゲティングも、ハマると太いお客さんを掴むわけです。

 

 

 

このブログのペルソナはどんなやつ?

正直、よくあるペルソナ分析みたいに、細かくは考えてないです(´ . .̫ . `)

ざっくりあるのはいかの3人かな。

①:どんな人

②:性別

③:どんなときにどんな記事を読むか

 

・想定1

①大学生(会計の勉強を始めようかと悩んでる人)

②男

③通学中に、スマホで会計って勉強したほうがいいのかな?、モテるかな?と考えている陰キャボーイ

 

・想定2

①20代から30代前半の経理部で働くひと

②男

③仕事中に会社のパソコンで実務で困ったことがあったときに調べるときに見る。

 

・想定3

①公認会計士(疲れている人)

②男

③仕事が忙しすぎて、死にかけている人。共感が欲しい人。救済策をスマホでザッピングしている人。

 

したがって、簿記検定や会計士受験の話が多く書いていると思います。

また、最近では会計基準の解説も増やしていて、それは、仕事中に読んでもらえることを想定して書いてます。

特に、会計に携わっている人は少なくとも実務上の処理や、基準の解説記事を2~3個は読むと思います。

セカンドオピニオンじゃないですが、いろんな人の解釈を収集したと思います。

そのひとつに僕の記事があればなーと思ってます。

 

最後は、仕事が忙しすぎたり、現状がいやだなーと思っている会計士向けですね。

その結果、僕のうつ病になった記事等については結構読まれています。

 

このように、ブログのターゲットが明確な記事は結構検索流入もひっかかりますし、PVが数も伸びます。

 

一方、時々突如書き始めるエンタメ系の記事。笑

 

これは、、、、正直誰にむけても書いてないです。

完全な自己満足ですね。

ただ、ブログを情報だけしかかかないまとめ記事だとつまらないじゃないですか。

ブログ主の趣味が反映されたものがあると、呼んでる人もこんなやつが書いてるんだ!って思うんでいいかなーとおもって書いてます。

(言い訳)

 

 

 

結局この記事で何を伝えたいのかわからなくなってきた\(^o^)/

だらだら、書きすぎました。笑

僕は、ブログに例えましたけど、なんでもいいともいます。

 

大事なことは、よりエンドユーザーを明確に意識できれば、コアなファンを獲得でき、そこからは口コミで広がっていくわけですよ。

 

僕の個性や、知識が活かせる記事を今後も書いていきますので、是非今後ともよろしくお願いしますね(´ . .̫ . `)

 

次回は、会計記事を書くぞ!

*会計記事は、準備に時間がかかるので記事を多く出せない。。。。。すみません。