会計大好き、公認会計士のブログ

世の中に会計好きを増やしたい一心です。

【会計士転職者必見】租税実務講座(TAC)を受講したときの感想を書いてみます。

f:id:fishman0306:20200523173944p:plain

みなさん、こんにちは!fishmanです。

今日は、会計事務所へ転職を考えてる皆様に必見の内容になります。

会計事務所に転職したときに、税法の勉強しないとなーって考える人いると思うんですよね。僕も、監査法人から会計事務所転職したんですが、税法なんてまったく知らなかったんですよね。

 

そこで、受講したのが、簿記の専門学校でもおなじみの、TACで開講している、

税法実務講座を以前受講しました。

 ↓↓コレです。

https://www.tac-school.co.jp/kouza_jitumu/jitumu_zeiho-b.html

 

その時の感想を本日はご紹介したいと思います。

受講しようかなと迷っている人にはいい内容かと思います。

よかったら最後まで読んでくださいね!

 

*今回の記事は、あくまで専門学校で勉強されていた方をターゲットに書いています。

 

 

 

 

 

僕が受講したコース概要

f:id:fishman0306:20200523174617p:plain


僕の会計士受験生時代は、大原専門学校に通っていました。

ですから、大原に通いたかったんですが、租税実務コースで相続税まで入っていたのが、TACしかなかったんで、TACにしました。

4科目セットで、お値段85,000円。

正直、高くないですか?

僕は、高いなーと思ったんですが、自分の為になればと思い受講しました。

特に、相続税は受験生時代にしっかり勉強してなかったので、いいかなと思って受講をしました。

 

また、WEB通信講座にしたので、TACに行かずに学習できたので仕事しながら負担にはなりませんでした。

なお、講師の人は税理士事務所などを開業されている実務家の皆さんです。

 

なかなか、期待値があがる内容ですよね。

 

実際の感想はどうだったのか?という点についてまとめていきます。

 

 

 

 

 

 

受講した感想

f:id:fishman0306:20200523175357p:plain

そうなんですよね。

テキストの内容をみると、ほとんどが受験生時代の復習という内容でした。

また、租税実務講座で、僕が受けたのは受験経験者向けなんですが、そうでないコースもあります。

じゃあコースによって内容変わるの?っていうと、授業回数が違うくらいで、テキストの内容は変わらなかったと思います。

受験経験者コースは、バシバシと進んでいく感じです。

 

肝心の相続税も、かなり内容としては薄かったです。

このコースを受講したからと言って、実務が完璧にできるようになるかと言ったら疑問ですね(笑)

 

テキストを辞書代わりに、使うレベルですかねー。

実際の実務は、条文とかを読んだりするので、最終的にはテキストは使わなかったかな。

 

実務で大事なこと

f:id:fishman0306:20200523212424p:plain

 

実際に、会計事務所等で実務をやっていて思ったことは、事務手続き関係の作業量がおおいんですよね。

 

会計事務所のクライアントの場合、ものすごく特殊な論点が出てくるってことはないです。

その一方で、税務に関する諸手続きはすべて行う感じです。

開業届、青色申告の承認届などなど、様々な届出書を提出する必要があります。

 

この編の提出スケジュール感だったり、提出する書類の種類は、自分で調べてなんとかするしかないんですよね。

また、税務申告書も新規のクライアントは別ですが基本的に前年度のものがあるので、始めのうちは、自分一人で作れる知識は求められないと思います。(これは会計事務所によるとは思いますが)

 

また、申告書の作成も今ではほとんどシステムで作ります。

そして、だいたいエラーチェック機能が付いています。

申告書の帳票間でエラーが生じている場合には、しっかりと分かる仕組みになっています。

 

したがって、租税実務コースに関しては、予備校時代の復習的な感じですので、あまり実務に特化したというイメージでなかったですね。

 

実務を学ぶには、実務をやるしかない!というのが結論でした。笑

 

最後に

なお、一言断っておくと、今回の内容は主に監査法人から会計事務所に転職をされる会計士の方で税務に不安がある人向けに書いてあります。

 

まったくの初学者の人にとっては、仕組みを知るにはコンパクトにまとまって良い講座だと思いますので、おすすめです。

 

その場合には、受験経験者コースではない方を選ぶ方がいいと思います。

企業で経理の仕事をされている人は必ず税務にふれる機会は必ずあると思います。

 

なんで、5,000円以上超えると交際費の申請が必要なんだよ!?って思っている人は多いと思います。

 

それも税務が絡んでます。

 

別の機会に、税務と会計の違いについても書いてみようと思います。

 

本日はここまで!この記事で99記事目!!!!明日は100記事記念です!!!!

また、100記事の軌跡をまとめたものを書いて見ますのでお楽しみに!

 

オッケーイ!! 

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます!

はてなブロガーの方は読者登録とスター評価お願いします!

Twitterご利用の方は、フォローといいね!お願いします!