会計大好き、公認会計士のブログ

世の中に会計好きを増やしたい一心です。

【会計入門】財務会計と管理会計の違いについて

f:id:fishman0306:20200413221023p:plain

こんにちは!fishmanです。

本日は、会計を学び始めたり、経理で仕事を始めたときに思うこと。

 

財務会計管理会計って結局何が違うの???

僕も働いていて、クライアントでこれがごっちゃごちゃになっている人がたくさんいましたので、今回は解説したいと思います。

 

 

 

 

 

適用される目的別に考える

f:id:fishman0306:20200413221338p:plain

財務会計は、一言で言うと、外部向けの会計と言えます。
外部とは、株主や銀行などの会社を取り巻く利害関係者に向けて報告を行う会計です。

その報告用に作成するのが、決算書です。

利害関係者という言葉は説明が難しいですが、会社から利益をもらえたり、損失を被ったりする可能性がある人たちのことです。

決算書は、株主の配当を決めたり、税金を申告するための基礎になったりします。銀行は決算書の内容をみて、融資を決めます。このように、会社の外部の人たちが主に利用します。

 

f:id:fishman0306:20200413222209p:plain

管理会計は、内部向けの会計と言えます。内部とは、会社内部向けのことです。

会社内部では、日頃の業績の管理や、将来の投資計画などを管理するものです。

つまり、会社の利益最大化を図るために利用されます。

これらは、外部にでることは無いため、利用者は会社の社員などに限られます。

 

 

適用される規制から考える

f:id:fishman0306:20200413222856p:plain

財務会計は、外部向けの会計であることから、規制があります。

なぜ、規制があるか。それは利害関係者保護のためです。

例えば、株主への配当をバンバンさせてしまうと内部留保が減り、債権者である銀行が融資を回収できなくなるど損が生じてしまいます。したがって、会社法という法律で配当規制をかけていたりします。また、外部向けに有益な情報を開示させるためも規定があり、また全ての会社が同じ会計基準を使用することで決算書の比較可能性が担保されています。

みなさんが、就職するときや、株式を購入したときに、2つの会社の決算書を比べてみますよね?

それができるのは、同じ会計基準を使用しているからです。

ここではIFRSの問題は無視してくれよな!

 

f:id:fishman0306:20200413223628p:plain

管理会計は、特に規制はないです。

財務会計とは違い、利害関係者はいません(細かくくみるといるかも知れませんが、、)

私は、監査の経験や会計事務所の経験から様々な会社の内部資料を見たことがありますが、各社にオリジナリティのある資料を作成しています。

そして、各社が管理している項目や、数字も違います。

 

扱う情報の時系列から考える

f:id:fishman0306:20200413224225p:plain

財務諸表の情報は、過去の情報を外部に公表します。

また、外部に公表するため、その情報は正確性が求められており、上場会社などでは、監査法人がチェックするなど厳密にチェックされます。中小企業の場合は、会計事務所などの顧問税理士などがチェックしたりしています。

現在では、有価証券報告書では未来の情報について書くことを求める傾向にあります。例えば、コロナが将来の業績に与える影響を書け!など。

投資家は未来の情報を知りたいものです。投資家自身が、過去から未来を予測することもできますが、会社のことを知っているのは会社自身です。

 

f:id:fishman0306:20200413225227p:plain

管理会計で使用する情報は、現在から未来の情報です。

管理会計の目的について、会社の利益の最大化と書きました。

利益の最大化を図るためには、タイムリーな情報把握と将来予測をたてる必要があります。

その意味で、情報の適時性がもとめられます。

多少の正確性がなくても、今わかりえることを瞬時に捉えて将来の戦略を立てるスピードが必要です。

未来について決めることを意思決定会計とも呼びます。

管理をして将来について決める会計です。

 

 

 

まとめ

会社を経営していくためには、この2つの会計を上手く理解して、対応する必要があります。

時々、会計システム上の情報を管理会計の科目に置き換えようとする人がいます。

正直それはおすすめしません。

なぜなら、会計システム上のデータの最終的な目的は決算書の作成にあり、財務会計の目的を達成するものだからです。

したがって、管理会計の情報は、会計システムのデータを加工する必要があるです。

(会計システムに固定費と変動費とかの概念ってないですもんね?)

この会計の考えたを理解すると、実務でも役に立ちますし、簿記検定などの試験勉強でも役にたちますよね!

 

最後に僕が以前読んだ本で、この辺をもっとわかりやすく書いてある本がありますので、興味があったらチェックしてみてください。

 

 

 今回も最後まで読んでいただきありがとうございます!

はてなブロガーの方は読者登録と、スター評価お願いいたします!!

Twitter利用の方は、フォローといいね!お願いいたします。