会計大好き、公認会計士のブログ

世の中に会計好きを増やしたい一心です。

【財務分析】キャッシュフロー計算書を考える【第四回】

f:id:fishman0306:20200318105407j:plain

こんにちは!fishmanです。

今回は、財務分析の第4回目になります。キャッシュフロー計算書についてご紹介していきたいと思います!一応第三回までも下記にリンク貼っておきますのでまだ読んでいない方は読んでみてください!

 

 

fishman0306.hatenablog.com

 

 

fishman0306.hatenablog.com

 

 

fishman0306.hatenablog.com

 

 

 

キャッシュ・フロー計算書とは?

f:id:fishman0306:20200327105259p:plain

キャッシュ・フロー計算書とは

キャッシュ・フロー計算書は、簡単に言えば、現金及び預金等の動きを表すものです!

家計簿をつけて、今月は食費が多いわねー、旅行行ったなーなど、現金が出費している内訳を確認したりしますよね?それを少し小難しくした業版です。

キャッシュ・フロー計算書は、現在上場企業に作成義務がありますので、上場会社のIRを確認すると見れます。作成方法として、間接法と直接法ってあるんですけどここではカットします(笑)。受験生のみんな!テキストによーく書いてあるから読んで見るんだよ!←。なお、実務では間接法で作るケースがほとんどだと思います。

各キャッシュ・フローの特徴

f:id:fishman0306:20200327110027p:plain

各キャッシュ・フローの特徴

各キャッシュ・フローの特徴をまとめてみました。

営業活動によるキャッシュ・フロー

本業で稼いだキャッシュフローになります。正直内訳みてもなんのこっちゃかと思いますので、最終値だけ確認できればいいと思います。減価償却費が内訳になんで入ってるんだ?、、、それはだね、費用なんだけど現金が支出してないから、、とか説明し始めると1万字到達するのでカットします。笑

この営業CFは、プラスであれば望ましいです。マイナスであった場合には、このあと出てくる財務CFが高い確率でプラスになっていると思います。

営業CFがマイナスの会社は資金繰りが悪くなっていると思います。ただし、ベンチャー企業で上場した場合などは当初はマイナスになっている場合もあるかもしれません。その企業の状況に応じて判断することが大切だと思います。

投資活動によるキャッシュ・フロー

会社の投資の内訳を記載しています。ここはマイナスであることが多いです。ただし、過度なマイナスですと投資を過度に行い過ぎているのではないか?と考えてみても良いかもしれません。また、プラスの場合には固定資産を売却しているため、資金繰りに問題が生じているのではないか?と考えることができます。

お金の動きだけで会社の動きが想像できちゃうのって楽しくないですか?(ウェルカム会計変態)

財務活動によるキャッシュ・フロー

ここは、主に借入金の増減に着目すればいいかと思います。

プラスの場合には借入金を借りている。マイナスの場合には借入金を返済していると言えます。前述はしましたが、プラスの場合には営業CFが悪くなっているか投資CFがものすごくマイナスになっているケースが考えられます。他のCFとの兼ね合いやバランスをみて状況を確認するといいと思います。

 

f:id:fishman0306:20200327111154p:plain

財務三表のつながり

財務三表のつながり

ここでは、第2回と第3回で学んだ、損益計算書と貸借対照表と合わせてご紹介します。

まず、損益計算書の当期純利益と貸借対照表は利益剰余金へ当期純利益が加算されることでつながっています。(①の加算)

次に、損益計算書の税引前当期純利益とキャッシュ・フロー計算書の営業CFの税引前等基準利益とつながっています。(②一致)

最後に、キャッシュ・フロー計算書の現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表の現金・預金等*1とつながっています。(③一致)

以上のことから、分析する際には、CF計算書の営業活動のCFが悪いけどどうしたんだろう?と思ったときにPLを見れば、要因がわかったりします。投資CFが大きなマイナスで財務CFが大きくプラスになっていれば、貸借対照表もみれば、要因がわかります。

このように、各財務諸表で疑問に思った時、他の財務諸表を見た時に要因がわかるケースがありますので、この3つの財務諸表をバランスよく確認することが大切です。

 

資金繰り表とキャッシュ・フロー計算書の違い

これについては、文書で簡単に説明します。

資金繰り表

これは、社内の内部管理目的に作成されるもので特段フォーマットも決まっておりません。また、内容については現在から未来の事象に対して作成されており、資金ショート(不足)を防止する目的があります。

キャッシュ・フロー計算書

これは、基準に基づいて作成され、外部公表用に作成されます。

内容については、過去から公表時点の内容となっております。用途としては、株主や投資家などの利害関係者が他社と比較分析するための物と言えます。

 

このように、この2つは作成目的が違うため、内容についても異なっています。

時々、会計士試験の管理会計で資金繰り表を作成せよという問題がありますが、内部管理のためのものだから出題されるんですよね。(めちゃめちゃ苦手でした)

まとめ

いかがでしたでしょうか。キャッシュ・フロー計算書は、現金の動きだよ!ってところと各財務諸表はつながっている!という点を確認できればいいかなと思います。

次回はいよいよ、指標の分析に入っていきたいと思います!(いつになるやら、、、)

 

いつもたくさん読んでいただいてありがとうございます!

はてなブロガーの方は読者登録とスター評価お願いします!!

Twitterご利用の方は、ツイッタのフォローとリツイートお願いします!!

読者数も100人を超えそうで、ありがとうございます!!!

励みになっておりますううううう!!!!!

 

ではまた次回!

 

参考書籍

会社四季報 2020年2集春号 [雑誌]

就職四季報 総合版 2021年版 (就職シリーズ)

*1:現金同等物が有価証券などで計上されている場合には、現金預金に有価証券もたします